学生2名が刑事告訴されました。Criminal charges were filed against two students.


2月28日、学生2名が刑事告訴されたとのこと(Criminal charges were filed against two students)

  • キリロム工科大学による刑事告訴を表明している公式Webサイト
    上記キリロム工科大学の日本語公式サイトによると、学生2名に対しカンボジアで刑事告訴を行った模様です。 According to the blog of Kirirom Institute of Technology, criminal charges were filed against two students.

2020年3月13日現在、キリロム工科大学からの訴状は学生の元へ届いておりません。
As of March 13, 2020, the complaint has not arrived.
(現在、学生は日本に滞在しています。司法管轄上、カンボジアの告訴状は日本へ送達されません)。

(the student is currently staying in Japan. Under the jurisdiction, the Cambodian complaint cannot be sent to Japan).

他、矛盾する点が多くあります(There are many other contradictions.)

その一部を説明いたします。

  • 退学処分にしてあげた発言(Statement of expulsion)https://www.izuka.work/entry/2020/02/28/171144

    もしキリロム工科大学が加害者とその行為に加担した学生を告訴した場合、刑務所に入れられてしまう可能性がある事案でした。せっかく勇気を持って入学してくれた学生が、加害者を信じてしまったばかりにそのような人生を歩まないよう、大学として強制退学という処置を取らざるを得なかったと理解しています。逮捕ではなく、強制的な退学を選んだのは生徒の将来を守るためであると我々は考えています。If the Kirirom University of Technology sued the perpetrator and the student involved in the act, it would have been possible for him to be put in prison. I understand that the university had to take a step of forced dropout to avoid such a life just. Choosing forced dropout rather than arrest protects the student’s future We believe it is.

    猪塚氏が上記の文章を含む投稿を行った02月28日に、キリロム工科大学は学生に対して刑事告訴しました。
    On February 28, when Inozuka wrote this, he filed a criminal complaint.

  • 在カンボジア日本大使館への連絡(Contact the Embassy)(https://www.kirirom.info/lovekit/%E8%83%8C%E6%99%AF/))

    2020 年 2 月 27 日 在カンボジア日本国大使館に対して「退学処分になる学生がおそらく大使館に行くと思われるので、もしお金がなくて日本に帰れない学生がいたら日本に帰れる方法を提案して欲しい」という依頼を大学の運営会社から出しました。また、キリロム工科大学関係者が事実無根の嫌疑で誤認逮捕された場合の救助依頼も行いました。On February 27, 2020, we told the Embassy of Japan that students who will be expelled will probably go to the embassy. We want you to make a proposal to go back to Japan if they do not money. “ KIT staff also requested rescue if some staff at Kirirom Institute of Technology were arrested for false accusation.

    これのどこが思いやりなのでしょうか。
    Where is this compassion?

  • 「カンボジアの法律の体系は日本とは随分違います」という記述(https://www.izuka.work/entry/2020/02/28/171144

    カンボジアの法律の体系は日本とは随分違います。きちんと法律が守られるように、カンボジア人弁護士とキリロム地区担当の警察官の同席の元、民間警備会社のスタッフが警備する中で大学の規約と規律委員会の判断に基づいた対応が行われました。翌日にちょっと怖かったと学生さんから言われましたがカンボジア人の国に居させてもらっているという謙虚な気持ちが他国の大学に通うときはどの国でもきっと必要です。

    今回カンボジアで取り扱われているのは刑事告訴ですが少なくともカンボジア民法・民事訴訟法は日本の法律と類似しています。
    日本がカンボジアの法整備を支援していたためです。 国際協力機構(JICA)のカンボジア法制度整備プロジェクト をご存知でしょうか。

    キリロム工科大学の運営陣らは日本人学生の要求に対してカンボジアの文化や法律は日本と比べ大きく異なり未熟であると誇張し拒否或いは逸らかすことが多々ありました。
    キリロム工科大学の運営陣は、自己正当化のためにカンボジアと日本で築き上げたものを尊敬せずぞんざいに扱う連中です。
    カンボジア人の国に居させてもらっているという謙虚な気持ちが他国で事業を行う上でどの国でもきっと必要です。

  • 「異議申し立てもできると退学の通知書を送付時に伝えておりますが、現在までのところ1件も異議申し立てはありません」という記述
    今回退学の通知書を渡された学生の中には風紀委員長やクラスモニター(各教科において出席率が高いためクラスの出席状況の記録の役割を任された学生)がいました。
    大学と運営会社の業務や広報に貢献した学生やその他成績優秀者も含まれていました。
    当然、全ての学生或いは学生の両親が異義の申し立ての意味も含めて事情の説明を大学へ求めましたが大学から退学の通知書が再度メールで送信されるのみで何ら説明になっていませんでした。

2020年2月28日、強制退学及び退去が行われた学生及び被害者の会はカンボジア国家警察に被害届けを提出し、刑事告訴しました(On February 28, 2020, the Victims’ Association filed a report with the Cambodian National Police and filed a criminal complaint)

容疑者は猪塚武(理事長)、釜我昌武(副学長)、別宮健三郎(副社長)、Leng Phirom(学長)の計4名です。
There are four suspects, Takeshi Inozuka, Masamu Kamaga, Kenzaburo Bekku, and one other Cambodian.

キリロム工科大学からの告訴の罪状は不明なので現在回答はできませんが、暴行傷害事件の翌日、学生の刑事告訴と同日であることから報復的告訴と予測しています。

We think their charge is retaliation because it was conducted on the day we went to Cambodian National Police. We can not comment on it at this time becaus. their charge is unknown.

上記の通りであるならば、日本の司法の場でその悪質性を訴えていく所存です。

If that is the case, we intend to appeal the maliciousness in the Japanese judiciary.

事件、刑事告訴については日本大使館に報告済みです。

The case and criminal complaint have been report to the Japanese Embassy.

カンボジア政府の良識ある処置を期待します。

We expect a sane action of the Cambodian government.