首都プノンペンや東京からのログイン試行を検知しました。 logging-access-from-phnom-penh


当会Webサイトでは、キリロム工科大学が日本人学生に脅迫、拘束、暴行、侵害をし不当退学させた事件などについて発信しています。
*キリロム工科大学や運営会社は以下の不祥事の話題でも有名です。
*その他、学生へ腐った学食の提供など挙げるときりがありません。

  • 日本人学生とその家族の個人情報の漏洩 (パスポート記載情報や電話番号、住所など)
  • あるカンボジア在住日本人の医療情報の不正取得と学生への暴露、該当人物への暴行の計画
  • 不正ソフトを活用した営利活動
  • カンボジア人学生と強引に奴隷的な労働契約を締結
  • カンボジア政府から不動産の販売許可を得ずに販売
  • 大学敷地内にラブホテルを建設
  • 大学経営者による*「野人」等の差別的発言 ※カンボジア人
  • 授業で違法コンテンツサイトの活用
  • 教育アプリ開発会社との投資トラブル

キリロム工科大学と運営会社による新たな被害者の発生の防止に貢献できていれば何よりです。
さて、そんな当会WebサイトはNode.jsというプログラミング言語で作られたHexoという静的サイトジェネレータで実装されています。
*現在Vue/Nuxtへ移行中です。より高速で快適な閲覧が可能になるでしょう。
よって編集用のログインが必要なページは搭載されていません。
*以下のようなコマンド操作によるWebサイト更新を行っています。

Terminal

しかし当会Webサイトへの以下のようなアクセスが検知されました。
カンボジアの首都プノンペンや東京からです。何れもキリロム工科大学の運営会社のオフィスがあります。
この形式のアクセスは、主にPHPというプログラミング言語で作られたWordPressという動的サイトシステムで展開されたサイトへのログインを行う際のものです。
*WordPress管理者の方はブルートフォースアタック(総当たり攻撃)などによる不正アクセス、ログインにご注意下さい。(ハッキング・クラッキング)
*例: キリロム工科大学の女子学生のWordPressにおいても不正アクセスが確認されたとのことです。同校のIT系授業の品質や学生のITリテラシーの低さを大学自ら物語っています。詳しくは大学HPの『不正アクセスが確認されています。』のページを確認下さい。

Google Analytics
Google Analytics
Google Analytics

またカンボジアの観光名所シェムリアップよりも、キリロム工科大学のあるコンポンスプー州やキリロム旧オフィスのある神奈川県横浜市からのアクセスが多かった時期がありました。
( 今は海外では、カンボジア首都プノンペンや中国、インドネシア、タイ、ベトナムからのアクセスが多いです。 )
たくさんの御アクセス誠にありがとうございます。引き続き当会をよろしくお願い致します。