猪塚武による、学生を守るために強制退学にした件について takeshis-fake-tweet


猪塚がTwitter上で 「学生を強制退学にしたのは学生を守るためだ!」 「悪の手から守れなかったのは残念だ」 とのツイートがありました。このツイートは間違いなくです。

猪塚武 キリロム工科大学 @asiatoasia あの痛ましい事件から今日で一年が経ちました。大学を守るための苦渋の決断でした。私たちは学生達を悪の手から守れなかったことを残念に思います。 午後0:11・2021年02月27日・Twitter Web App

猪塚武は自分の会社を守るために建前上、学生達を強制退学にしたくなかったと言っていますが、実際は学生たちに経営不振であることを感づかれていることを悟り、これ以上内情を知られたくがないために、強行手段として学生を退学にさせました。

「学生を守るため」という発言が嘘な理由として、この事件をきっかけに8名の学生が強制退学にされましたが、その後、強制退学者を含まず10名の学生が大学の運営方針に疑問を抱き、退学しました。

もしも猪塚武による 「学生を守るため」 が本当なのであれば、強制退学者以外である他10名の学生が本当に退学したでしょうか? 現状を知った我々だからこそ言えますが、猪塚武は建前上このような発言を多くされますが、実際は学生を守ろうとするなど全く考えておらず、自分の会社に少しでも不利益なことがあれば排除するような人です。

猪塚武が 「悪の手から守れなかった」 と発言していますが、我々キリロム被害者の会に所属しているものは誰一人そのようなことは思っていません。強制退学にしたのを元学生のためだと思っているのであれば、それもまた検討違いです。我々は強制退学になった翌日にカンボジアで 刑事告訴を行っております。 元学生のためを思ってやっているのであれば、追い出した翌日に刑事告訴されるのはおかしな話です。(当会の一部の者が強制退学を受けた翌日にキリロム工科大学から刑事告訴を受けました。保護したいのか攻撃したいのかが全くわかりません。)

今現在、キリロム工科大学とは裁判を行っていますが、なぜこのようになっているのかもう一度考えて欲しいです。